2014-07

ここだけの話…

いい弦見つけちゃいました!
フラメンコ用弦です。
フラメンコ弦とされてますが、クラシックギターにも
…というかクラシックギターにこそ良く合うんじゃないかと思います。
オススメはハナバッハの黄色。(もちろんフラメンコ用ね。)
強めで緑。
今日はレッスン貸し出し用のギターに緑を張ってみました。
良い!!


ちょっと赤いんです。

ちょっと赤い弦。

ハナバッハの黄色と緑はローテンションの位置づけですが、
これくらいのテンションで充分です。
締まりがあるので普段使いのものよりテンションをひとつ下げた位でちょうど良いと思います。

フラメンコ弦の魅力を端的に表すと
余分な深みと音量が抑えられ、
非常に繊細で美しい音が出しやすい。
基本的にナイロンなので柔らかさ、歌いやすさはそのままで
かつ歯切れよく設定されている為、
ローテンションにして、カーボンやハイテンションのナイロン弦の締まりがあります。

初めて張った時、本当に驚きました。
個人的にはいいトコ取りな弦です。

「カーボン弦はテンションキツいし、音も冷たすぎる…。
しかしナイロンのローだとポワーンとして緩みすぎる…。」

とお悩みの方、お試しあれ!
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリ

お手紙 演奏のご案内状 (1)
お手紙 日常のお便り (788)
演奏会 アルバム (32)
楽器ノート。 (31)
弦ノート。 (33)

検索フォーム

プロフィール

Kaoru Tanaka

Author:Kaoru Tanaka
クラシックギタリスト
札幌を拠点にコンサート,
イベント等で幅広く
演奏活動を行っている。

レパートリーは
クラシック 映画音楽
jazz ラテン タンゴ etc..
レパートリーは幅広い。

YAMAHAミュージックスクエア
クラシックギター科講師

最近はリュートも少々ですが、活動しています。
楽器マニアです。(笑

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

QRコード

QRコード