2017-10

ショートスケールのフラメンコギター

フラメンコギターにも、
ショートスケールの楽器があれば良いのになぁ・・。
あと、19世紀ギターシェイプのエストゥーディオな価格帯のものがあればなぁ・・。
と生徒さんの楽器選びの時、時々思います。


Ariaで19世紀ギターシェイプのものは出ているのですが、
指板幅がモダンと変わらないんですよね。
センスもあってやる気もあるのに、かなり小柄の生徒さんとか
辛い時があります。
スポンサーサイト

大丈夫!僕が助けてあげる!!

昨日のオータム・フェスタは豪雨でひどい目にあいました。(笑
でも楽しかった!

浴槽に浸かっているご主人様を救出しようとする猫。
Don't worry human! I'll help you out there!

なんてかわいい。

寒くなってきましたね。

寒くなってきましたね。
北海道はこうなっちゃうと冬まであっと言う間です。

部屋が寒いと練習の意欲がなくなっちゃうので
明日、灯油を買ってきます。

明日は夕方から友人とオータム・フェスタに行ってみます。
楽しみです。厚着しなきゃ。

蘇る悪夢

悪夢を見ました。
実際にあった事なんですが・・

昔、もう10年以上前でしょうか。

その時はまだ実家にご厄介になっていて、隣は弟の部屋。
僕は銘器マルセリーノ・ロペスを買ったばかりでした。

帰宅して部屋に入ると、謎の見知らぬニーちゃんが。
弟の友達(知り合ってばかりでそんなに親しくもない)です。

何故か、
僕のロペスを抱えています。
その右手には・・なんとピックが!!

あまりの事に動けない僕。

僕「え?・・は?・・なにやってんの?」
謎「あ、ちゃーす!」
僕「おい。いいか・・?動くな。まずそのギターをゆっくりスタンドに戻せ・・」
謎「あ、僕もギター弾くんすよ。ラ〇クとか。」
僕「いいから、とにかくゆっくりそこに置け。」
謎「ガットギターって弾きにくいっすね(なおピックでストロークしようとする)」
僕「うわっこら!やめろ!」

謎のボーイからギターを引っぺがす僕。
「俺は止めろって言ったんだよ~!」
叫びながら逃げ出す弟。

謎「なんすか!いーじゃないすか別に!」
僕「お前な、コレは新車のカ〇ーラ買える値段のやつなの!!」
謎「・・・?いやいやいや!そんなんギブソンより高いじゃないすか」
僕「いやいやいや。マジでお前そこ座れ」

弟と二人、たっぷりお説教してあげましたとさ。

ギターに詳しくない人、いやいや詳しい人も、
お友達のギターは勝手に触んないようにしましょうね!
他人の車を勝手に乗り回す位、ヤバイ行為です。(笑

あの時の恐怖、思い出すだけでも背筋がゾ~ッとします。

カーシャブレーシング

いつか弾いてみたい楽器に
リチャード・シュナイダー(Richard Schneider) の  カーシャ・ブレーシングのギターがあります。

カッコよくないですか!?

個性的なルックスですよね!
物理学者のマイケル・カーシャ博士の考案した理論を用いて製作されたギターです。
シュナイダーとカーシャ博士のコラボレーションは1967年に始まり、
シュナイダーが亡くなる1年前の1996年まで続いたようです。

ブリッジや高音弦側に開けられたサウンドホールは
表面板の高音側に比べ低音側が重さがあった方が弦の振動を表面板が捉えやすく、
音量が上がるという事らしいです。
ちょっと理論的な事は僕は分からないんですが・・。

理論を追求した結果、個性的なデザインが出来上がったのですね。
結構ネットを見ると酷評されていたりするのですが、
僕はとても美しいデザインだと思います。

弾いてみたいよ~!

このギターを用いて録音されたCDはKurt Rodarmer のゴルドベルグ変奏曲が有名です。
これは多重録音による二重奏で演奏されています。



なんとも、甘さのなかに整然とした現代的な響きもありますね。
分離が良いんですね。

現代の製作家で、カーシャブレーシングを継承しているのは
有名どころでは、
Boaz Elkayam (ボアズ・エルクヤム)が‘Clarita Negra’
Jay Hargreaves(ジェイ・ハーグリーブス) が‘Moderna model’
あと、個人的に注目しているのが
Thomas Ochs(トーマス・オックス)の‘Kasha model’
表面板をダブルトップにも出来るそうです!
しかもこれはサウンドホールが表面板でなく、横板に設置しています。
表面板全部の振動をロスなく使えるという事が売りのひとつのようです。
これがまたカッコいい

弾いてみたいですね~。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリ

お手紙 演奏のご案内状 (0)
お手紙 日常のお便り (797)
演奏会 アルバム (33)
楽器ノート。 (36)
弦ノート。 (36)

検索フォーム

プロフィール

Kaoru Tanaka

Author:Kaoru Tanaka
クラシックギタリスト
札幌を拠点にコンサート,
イベント等で幅広く
演奏活動を行っている。

レパートリーは
クラシック 映画音楽
jazz ラテン タンゴ etc..
レパートリーは幅広い。

YAMAHA札幌センター
コープさっぽろ文化教室中央
コープいしかり文化教室
クラシックギター科講師
田中薫ギター教室主宰

楽器マニアです。(笑

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

QRコード

QRコード