FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

maestro José Luis Postigo

名フラメンコギタリストホセ・ルイス・ポスティーゴ。
彼の経営するタブラオ(フラメンコのライブハウス)&ギター店の
動画を発見しました。

彼はギターコレクターとしても有名で、
ギター好きには垂涎もののコレクションがそろっています。
もちろん楽器店なのでそれらを販売もしています!!
(非売品も沢山あるでしょうね。)

自分のラベルを張ったギターもあるそうです。
ポスティーゴラベルの楽器、たまに日本で目撃しますね。



スペインに行ったら一番に行ってみたい場所です。
僕なんか、「なんだ小僧・・帰れ帰れ」ってやられそうですけど。(笑

マエストロの音がエフェクトなしで味わえる嬉しい動画です。
お若い時の動画はこちら。

スポンサーサイト

危なく早合点

今日は休日モードで、
「なにか掘り出し物ないかなぁ・・。」
とネットサーフィンをしていたところ、
えっ?と目を疑うものがヒットしました。

ラミレス52年製

52年にセダー?

CD/CSAR

えっ!!

52年でセダー(杉)!?

ラミレスが杉の表面板を発表したのは確か62年~63年位だったハズ。
そうか・・10年以上前にもう秘密裏に作ってたのね。
すごいなぁ~ラミレス。

と感心しつつ下にスクロールしていったら、

表面板は1990年位に交換されています。

Soundboard replaced sometime circa 1990
‘表面板は1990年位に交換されています。’


それはもう52年製じゃないんじゃ!?(笑

危なく早合点するところでした。

Omaggio ad Antonio de Torres Jurado

最近思う事が多すぎてブログが書けません。(笑
でも、毎日楽しく過ごしています。
面白い動画を見つけました。

名ギタリスト wulfin lieske(ウルフィン・リースケ)とドイツの有名製作家による
アントニオ・デ・トーレスのセミナーの様子です。
銘器トーレスをとっかえひっかえして弾いています。

マイクで少しハイ上がりになってるし、響きの多い会場ではありますが、
トーレスの音の雰囲気は味わえる楽しい動画だと思います。



なんか面白い動画です。

何がって、
リースケ氏のトーレスの扱いの雑なこと!!(笑

1本ウン千万する楽器を・・・。
チューニングする時とか、ガンガンぶつけてます。(笑
体調悪かったんでしょうか?
精神的コンディション悪かったんでしょうか?

演奏もなんかソワソワして明らかに調子悪い。(笑

多分、忙しい演奏活動の合間を縫って、
講演の終わりの時間を気にして急いで弾いてたんでしょうね~。

本来のマエストロはこちらです。



銭函 シロクマカフェ


ドライブしてみました。
久方ぶりに銭函へ。
銭函は素敵なお店が増えましたね!

オーガスチンも値上げ

老舗弦メーカー
オーガスチンが8月下旬より値上げだそうです。


やっぱり、ハナバッハが高かったんじゃなくて、
他の弦メーカーがギリギリまで我慢していたという感じだったのかなぁと思ったり。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリ

お手紙 演奏のご案内状 (0)
お手紙 日常のお便り (833)
演奏会 アルバム (38)
楽器ノート。 (47)
弦ノート。 (40)

検索フォーム

プロフィール

Kaoru Tanaka

Author:Kaoru Tanaka
クラシックギタリスト
札幌を拠点にコンサート,
イベント等で幅広く
演奏活動を行っている。

レパートリーは
クラシック 映画音楽
jazz ラテン タンゴ etc..
レパートリーは幅広い。

YAMAHA札幌センター
コープさっぽろ文化教室中央
コープいしかり文化教室
クラシックギター科講師
田中薫ギター教室主宰

楽器マニアです。(笑

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。