2017-06

Pro-Arté Rectified

プロアルテから新しい弦のセットが発表されましたね。

Pro-Arté Rectified 

Rectified=整えた

rectifyは是正する、正すという意味ですよね。

メーカーの説明によると
‘高音弦を特許取得済みのセンターレス研磨技術で正確なサイズに加工し、
完璧なイントネーションを実現。温かみのあるサウンドが特徴’とあります。

なるほど・・!
プロアルテのナイロン弦はもともとPC制御レーザーシステムで厳しく管理されて
ピッチも良いイメージですが、さらに完璧に近づけた、という事ですかね?
‘完璧なイントネーション’という表現だと、抑揚とかアクセントみたいな意味に感じますが、
反応が良いから表情がつけやすいという意味ですかね?

温かみのあるサウンドと言われると、
音にナイロン弦らしい柔らかさがある、太さがあるというイメージですかね。
ナイロン弦らしい柔らかさ、太さと言えば、オーガスチンリーガルとかセシリアのイメージがあります。

温かみのあるサウンドという表現、
個人的には音が太くて柔らかい故に芯がボケるというネガティブなイメージを
カバーするためのフレーズのイメージはあるんですが、
最近はナイロン弦も少しずつ芯が固めになってきている印象があるので、
もし本当に柔らかいのであれば、愛器の高音が硬くて悩んでいる方には良いかもしれませんね。

テンションは
ライトテンション
モデラート(ライト)

ノーマル
ノーマル

ハード
ハード

の3種類です。
残念ながらエクストラハードはありません。
しかし海外のお店からRectified弦は 0.18mm ~ 0.40mm までバラで購入可能なので、
①②弦だけRectifiedにしてエクストラハードセットを自分で調合する事は可能です。

今度、試してみます!!
スポンサーサイト

良い左手

初レッスンのNさん。


ビシッと左手拡張出来てますね!
1回目でこんなに開くとは・・。
これからが楽しみです!



右手も良い感じ。
楽しんでいきましょう!

Mちゃんの左手


4が丸まってないのが良いですね!◎

杉の楽器が好き

あくまで個人的にはですが。

基本、音量が大きくて芯がず太い。
スモールマンやレッドゲートのような楽器
が、
繊細なタッチで楽~に弾けるから好きです。

表面板は基本、杉。

ドーガルやプロアルテのチタニウム、サバレスのクリスタルナイロンのような
立ち上がりの良い弦を張って、サラサラっと軽ーくタッチ。
杉だと倍音が豊かなので音量、音圧充分。

僕の楽器でいうとグナテック。

松の楽器で同じセッティングや弾き方をすると
線が細くなりがちかもしれません。(当然、個体によりますが)

とかいいつつ、僕のメインは松のモイーズ。(笑
杉で頼めばもっと楽だったかなぁ。でも気に入ってます。
やっぱりラジアルは松でしょ!

お帰り~

今日は進学の為、3ヶ月レッスンをお休みしていたYさん姉妹が復帰!
「もう全然弾いてなかった~・・。」
とは言うものの、
相変わらず2人ともセンスを感じる弾きっぷり。
まだまだ上手くなるよ~。
楽しんでいきましょう!

♪ 演奏スケジュール ♪

2017.6.25(日)トリム de コンサート
出演:中村芙美(vo)&田中薫(G)
とき :15:00開場 15:30開演
ところ:喫茶トリム(札幌市北区拓北6条3丁目1-12)
お問い合わせ:011-771-3855(トリム) 011-772-0404(田中ギター教室)
1500円 (珈琲&ケーキ付き)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリ

お手紙 演奏のご案内状 (1)
お手紙 日常のお便り (788)
演奏会 アルバム (32)
楽器ノート。 (31)
弦ノート。 (34)

検索フォーム

プロフィール

Kaoru Tanaka

Author:Kaoru Tanaka
クラシックギタリスト
札幌を拠点にコンサート,
イベント等で幅広く
演奏活動を行っている。

レパートリーは
クラシック 映画音楽
jazz ラテン タンゴ etc..
レパートリーは幅広い。

YAMAHAミュージックスクエア
クラシックギター科講師

最近はリュートも少々ですが、活動しています。
楽器マニアです。(笑

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

QRコード

QRコード